トップページ > ’2008年10月’ の記事一覧

産後にしぼんで、垂れていくおっぱい


 
産後にしぼんで、垂れていくおっぱい
 
 
産後、バストがしぼんでしまう、
また元々が大きいと垂れてしまう女性がかなり多いといいます。
 
赤ちゃんに栄養を取られるからとか、
おっぱいを強く吸われるからだとか、
 
いろいろ言われていますが、結局はよくわからない。
これだ!という確定した理由はまだ無いようです。
 
 
でも、バストがしぼんじゃうのはちょっと悲しい…
ましてや垂れてしまうなんて…
 
 
中には20代前半なのに「お婆ちゃんバスト」になった人も…
 
 
この対策はただひとつ。
 
パパに(旦那さんに)バストアップ教材をねだって、
早いうちから対策をしておくことだと思います。
 
 
きっと、喜んで買ってくれることでしょう(笑)
 
 
⇒ しぼんで垂れたバストを元通りに…
 
 

 

左右のバストの大きさが…


 
左右のバストの大きさが…
 
 
おっぱいの左右の大きさが違う女性って意外といます。
また、それが大きなコンプレックスになっているようです。
 
ただ、男性からすれば、よほどの筋金入りの「おっぱい星人」
でない限り、気にしない、気にならないといった意見が多数です。
 
実際、何人か知ってますが、ホント気にしてるみたいです。
また、ブラジャーや水着を着ける時にも、
片方だけパッドを入れたり大変らしいです。
 
ただ…それを理由に美容整形を考えるのであれば、
その前にちょっと試して欲しい方法があります。
 
 
⇒ 左右のバストもバランスよくしてくれます。
 
 

 

プロポーションドクターにかかれば…


 
プロポーションドクターにかかれば…
 
 
プロポーションドクターにかかれば、
ほとんどの女性の体型の悩みが解決します。
 
プロポーションドクターとは、
テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられている
青山の美容サロン「アジアンビューティースクエア」の代表の
蓮水カノンさんのことです。
 
 
例えば…
 
 
バストアップは、1日7秒のエクササイズで、
最低でも2カップアップするとか…

 
 
もし30日で効果がなければ、
理由を問わずに全額返金。
 
 
美容・エステ系サービスでは普通、こういうことはしません。
個人差がどうとか、いろいろ理由をつけられることが多いですから。
 
 
この自信は教材の内容に現れていることでしょう。
 
 
⇒ 蓮水カノンさん、胸を大きくしてください…!